マンション管理ネット新聞
お問い合わせお問い合わせ
マンション管理ネット新聞


第72話 「規約変更と特別の影響」



特別の影響とは】

 管理規約の設定・変更・廃止は集会の特別決議によって可能となりますが、全てを多数決で決めてしまえるということになると、多数派の理不尽な横暴によって一部の区分所有者の利益が害されてしまうというケースもあり得る話しとなってしまいます。
 そこで、区分所有法では、規約の設定・変更・廃止が一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼす時は、その一部の区分所有者の承諾を得なければならないと定めています。
 なお、特別な影響とは、 管理規約の変更等の必要性・合理性と、管理規約の変更等よって受ける一部の区分所有者の不利益とを比べて、一部の区分所有者が受忍すべき限度を超える不利益を受ける場合を指します。

【専用駐車場使用権の撤廃方法】

 上の漫画では触れておりませんが、 大多数の区分所有者にとって専用駐車場使用権の撤廃が本当に必要であれば、当該専用使用権を持つ組合員に対して、その取得代価の一部を支払って、その権利を買い取るという解決方法もあります。

 

次回の話へ  前回の話へ



企画・運営:株式会社コストダウン・ドット・コム E-mail:info@cost-down.com
 
  Copyright © 2002-2005 Cost-down.com, Ltd. All Rights Reserved. ホームページ制作会社 ウィザード