マンション管理ネット新聞
お問い合わせお問い合わせ
マンション管理ネット新聞


第76話 「ペット禁止とノラ猫」



【共用部での定期的な給餌は違反行為】

 ペットの飼育禁止とは、通常は専有部分で飼育することを禁ずる趣旨のものですが、複数の住人が共同生活を行うマンションの性質上、自宅外の共用部でも同様に飼育禁止であると判断すべきでしょう。
 特にネコなどは行動範囲や性質を考えると、マンション敷地内の共用部分で「定期的にえさを与える」ことによりマンション周辺に住みつく可能性が高く、そのような給餌行為は規約で禁止された「飼育」に該当すると思われます。

 もしも餌を与えている人を見つけたら、理事会や管理人等に報告し、まずは注意を促すようにしましょう。
 また、注意にも応じない場合は、定期的に給餌を行っていることやそれによる被害状況を写真等に証拠として記録し、規約や区分所有法57条(共同利益違反行為等の停止請求)などにより、給餌行為の中止を求めるという方法もあります。

 

次回の話へ  前回の話へ



企画・運営:株式会社コストダウン・ドット・コム E-mail:info@cost-down.com
 
  Copyright © 2002-2005 Cost-down.com, Ltd. All Rights Reserved. ホームページ制作会社 ウィザード